Hiroko Dirt Pro1 (Ver.1・2)

2st エンジンオイル
トルクフルで高回転のふけあがりが最高な「Dirt-Pro1」

"成分:100%化学合成油
エステルベース+特殊エステル(混合・分離両用)

「Dirt-Pro1」はトライアルライダー、そしてエンデューロライダーに大人気のオイルです!

■Ver.1は「感性」と比べてトルクフルで、高回転まで更にスムーズにまわります。吹けが良いのに、マイルドなのでトラクションをキープしたまま吹けあがります。
トルクフルな特性が微妙なアクセルコントロール域でのトラクション向上にもなっているので長時間乗ってても疲れにくいと思います。
マディーにも強いのでハード系(難所系)エンデューロやトライアルに最適です。
■Ver.2はVer.1と比べて「吹けあがり+パワー」がいっきに出てきます。
低速をあまり使わないスピードコース(モトクロス/スピード系エンデューロ/JNCC)や、高速回転を多用する〜150ccまでのオフロード車に適しています。
■カーボンの付着が少ないです。
■サイレンサーもタールによる詰まりが少ないです。
■粘度は20番

≪推奨混合比≫
トライアル  
国際級 90:1(吹け重視)
国内級 80:1(トルク重視) 

エンデューロ
250cc 60〜70:1(クロスカントリー系)
250cc 70〜80:1(ハード系)
125cc 50〜60:1

天候やコース状況でタイヤを選ぶようにHirokoオイルはチューニングパーツです。

レース実績
2015年、全日本トライアル最高峰IASクラスで弊社の藤原慎也が一年間使用。
「違いが分かるほどのトルク感に助けられました、なおかつ一気に高回転までふけあがるオイルなので大きなステアや壁、ヒルクライムを一気に登ることができました。
トルク感が凄いのでスタート時のトラクションがかかりやすいのもDirt-Pro1の良い所です。
あと燃焼性が高いのでサイレンサーが熱くなります。
タールもほとんどゼロに近く出ないのでグラスウールの交換サイクルも伸びました。
よってピストントップのカーボンの付着も少ないので、使用しだしてから整備するときに更にビックリしました」と絶賛しています。

開発経緯
感性のようなトルク感と、フォーミュラ2のような高回転のふけあがりを備えたオイルを作ってほしいとの声から誕生したオイル。
テスト段階で、2014年全日本トライアル国際A級チャンピオンの藤原慎也が2015年最高峰IASで戦うために「もっと高回転が伸びるオイルが必要」と言った声から今ではトライアル、そしてエンデューロのライダーにも称賛されるようになりました。
Hiroko Dirt Pro1 (Ver.1・2)

販売価格: 3,250円(税別)

種類/Type:
数量: